デジタル通貨で鬼ごっこ

ビットコイン等のデジタル通貨(暗号通貨)に投資して資産を増やせるか!ADA(カルダノ)2期プレセールで購入・HYIP投資(高利回り案件実績を随時公開中)

ADA(エイダ) カルダノ 暗号通貨のリリース3月中も危ない

 ADA(エイダ)の暗号通貨2月リリース予定が何の発表もなく3月に突入。

今か今かと新しい情報を待っているのはほぼADAユーザー全てであろう。

 何故、ここまで、発表を勿体ぶるのか全く分からない。予定は予定として発表するのが現状一番良いのでは無いかと思うが、それが出来ない理由があるのだと思われるが私なりに勝手に想像してみた。

 

1、ADAのをウォレットが一向に完成しない。

 これは十分にあり得ますが、発表できない事態ではない。

 

2、AVVMを設定する機能・もしくは段取り、ユーザーの理解が十分でない

 要は今は紙切れ一枚の状態でほとんどのユーザーがADAを保有している状態、一部のユーザーはミスターリップルで購入している場合は紙切れは無い。(ミスターリップル内ではADA通貨として今でも売買が出来る。相場は無茶苦茶ですが)

 一応通貨として保有している。損しても良いならBTCにも変えられる。

 ただ、その手法がアテインコーポレーションに嫌われ代理店をはく奪されている。なので、ミスターリップルは第3期・4期のADAのプレセールには参加していない。

 じゃこのADAどうするの?って事に成る。アテインは全てのユーザーがAVVM設定完了が条件で公開に踏み切るとも言っている。(あくまでも噂)

 65歳以上の方に連絡を取りAVVMの設定の説明をしているとゆう噂もある。

ミスターリップルで購入したユーザーはミスターリップル自体がAVVMの設定を行うことを断言している。

 その辺を踏まえ、AVVMの設定に関し、どう進めて行くかまとめられてないのではないかと推測する?AVVMって何?って方、殆どでしょう?

 これだと3月でも公開は怪しく成ってくる。ソフトでは無くハード面的な改善やスケジュールを組むのは容易ではないからです。

 

3、カルダノ財団自体がズサン

 お金が関わると、人が変わるのは日常茶判事で、ADAの保有など権利など、その後に生まれるゲーム・カジノ収益でもめて、話し合いに成っていないケース。

 これが一番怖いですね。ADAが世に出ない可能性も十分にありますからね~

 

4、世界中を巻き込むくそデカイ詐欺だった

 暗号通貨の世界では当たり前の世界。だます運営もしやすいし、だまさる方も多くいます。要は儲かるみたいなのが前提でマーケティングしている。(「コンプライアンスを前面に出し儲かるって言ってはいけない」とは言っているが)実際は多くの方に買ってほしいのが本音。

 現実スケジュールに無い3.5期も増やしている。売れ残りっや売れ残ったでしょうがない。買えなかった人がいたら買えなかったでしょうがないじゃないのこの世界。

 このケースは自分が馬鹿だったと思うしかないですね。

 

1~4を勝手に分析しましたが、皆さんどう思われたでしょうか?どれもただの想像です。ちゃんとした正式発表を待つしかないですね~

 これだけ情報の公開されないと、このまま行くとADAの3月公開は危ないと思うのは私だけでしょうか?

f:id:DigitalDream01702:20170222113130p:plain